Since 1986

バオ動物病院 大阪 豊中/緑地公園 吹田/千里山 06-6337-1580

かわいいパートナーの ╱守・り・ま・す

2021年、年の初めのご挨拶


1986年8月にバオ動物病院を開院して、今年で36年目。
私Dr.BAOこと柴尾悟は62歳になりました。
 
"開業時20代で、走り続けて分院も作り、開業30年を過ぎた頃体調を崩し(結局たいしたことなし)、少し時短し、現在に至る。途中、中医学に興味を持ち、「国際中医師」のライセンスもとり、西洋獣医学と並行して漢方・鍼灸・薬膳の3ツールを駆使して診療を進めて、勉強を続けていきます"と、昨年初めのご挨拶で申し上げました。
 
2020.1 東京で薬膳実習に参加し、中国本土にご実家がある薬膳学校の校長先生が春節で帰国されるとか、台湾で人気の店舗日本1号店に学友と一緒に見に行ったりとかしていたわけですが、帰阪後まもなく、その中国の武漢のコロナの情報が。そして、あのクルーズ船の報道が。
当時の厚労相が『たいしたことない』発言をしていて、暗澹たる気持ちになり、案の定、2021.1の時点で、二度目の緊急事態宣言が出そうなわけで。
 
クルーズ船以来、ほぼ病院と自宅の往復のみで、ほぼ1年を過ごすことになりました。そのかわり、とてもたくさん開催されることになったウェブでのセミナー・学会に参加しまくりました。
 
 
そして、もう一点。
獣医師である息子の事についても少し書きました。
臨床5年目に入る今年、いよいよ、バオに合流することになりました!
息子は『副院長』になります。
Dr.BAOと同じくジェネラリスト(全科診療)です。
昨年末から、ぽつぽつバオに顔を出しております。
正式スタートの時点でまたちゃんとアナウンスさせて頂きます。
 
 
まだまだ今年もコロナ禍は続きますね。
補償とセットの自粛を続け、医療機関の負担を極力抑え、なんとか収束へ向かって進んでいけると良いですね。
 
皆様! そして皆様のかわいいパートナーたちも、くれぐれもご自愛頂き、必ず、必ず! コロナ明けの世界を共有しましょう!!
 
 
そんなバオを今年も何卒よろしくお願い申し上げますm(_ _)m
 

2021/01/02
リビングのテーブルでMacBookProにて
Dr.BAOこと柴尾悟でした
 
追伸。
関東一都三県に緊急事態宣言が発令されました。
もうすぐ、近畿二府一県にも出されるかもしれません。
きちんと補償とセットした自粛、徹底的な検査、遅すぎるとはいえ、今からでもどんどん進めていってほしいものです。とにかく1日も早い収束を祈るのみです。
それにしても、ヒトの医療関係の方々には感謝の気持ちしかありません。
2021/01/11
Dr.BAOでした
 
さらに追伸。
関西二府一県だけでなく、栃木・岐阜・愛知・福岡にも緊急事態宣言が発令されました。
宣言内容の伝え方にも問題があったと思いますし、この追加7府県だけではダメだと思いますし、超後手後手ですね。
個人個人がそれぞれ気をつけるのは、最初から当然のことですが、行政がもっと先回りして、様々な対策を打ち出さなければ、医療現場への負担を何ら減らすことは出来ないでしょうし。。。
まだまだこの状況が続くのかと、暗い気持ちにもなりますが、歴史を見ても明けない夜はない、とだいたい言えますので、生きている間になんとか収束してほしいものだと、その前に為政者総入れ替えも必要なのではないかと、思ったりもする今日この頃です。そのためにも、みんなが正しい情報を得る努力もしなくてはならないですし、すべて自分のこととして考えないといけないだろうとも思います。
誰かがやってくれるだろう、ではなく、自らがどんどんやっていくということも必要でしょう。
政府に自助だなどと言われるまでもなく、かなり前からこの国はそんな風になってしまっていますよね。
でも、互いに助け合うという気持ちは、いつまでも持ち続けたいと思いますし、政府がどうであれ、国民からもう一度この国を立て直していく、そういうフェーズになったのではないでしょうか。
少し政治的なことも書いてしまいました。
違う考えをお持ちの方を不愉快にする趣旨ではありません。
もう一度、国民の手に、この国を取り戻そうではありませんか。
すみません。熱くなっちゃいました。
くれぐれも皆様はご自愛下さい。
コロナ明けの世界を共有しましょうね!!!
2021.01.14
病院の院長デスクにて
Dr.BAOでした