Since 1986

バオ動物病院 大阪 豊中/緑地公園 吹田/千里山 06-6337-1580

かわいいパートナーの 健 ╱守・り・ま・す

2019.10からの消費税増税のバオの対応について


 とうとうその日が来てしまったか、といった感想しかありません。

 現在の日本国内の経済状況から、消費税増税のタイミングではないとDr.BAOもずっと思っておりましたし、れいわ新選組の消費税を撤廃するという政策には、ハッとさせられました。
 現在の消費税は、富裕層の累進課税減税や企業の法人税減税の、いわば「穴埋め」の役割しかしておらず、表向き言われていた”社会福祉”の財源としては、その一部しか使われていないことになっていた、という事実を知らされ、一体消費税というモノは、収入の多寡にかかわらず平等な税、の全く正反対の結果的に経済弱者にばかり負担を強いるものであるということがわかり、10%ではなく、逆に5%→3%→0ゼロ% とすべきものであると、Dr.BAOは考えるに至りました。

 が、実際、制度が進められるなら、バオだけがそれに抗うことは残念ながら出来ず、10%の消費税を10月以降は申し受けることになりました。

 ことあるごとに、消費減税を訴えていく所存ですが、現実、税制に則って進めてまいります。

 就きましては、10月1日以降、金銭的なやりとり・カード処理をする際には、10%の消費税を加算させていただきます。
 (尚、カード決済をされる場合は5%還元を受けていただけるよう、経済産業省には手続き済みです。2020.6月まで)
 何卒ご了承のほどお願い申し上げます。

 近将来、こんな税を払わなくても、国民が広くあまねく豊かな生活ができる世の中になることを、願ってやみません。

バオ動物病院 院長
柴尾 悟